インテリアに関しての豆知識や用語集です。随時追加更新いたしますので、お買い物やお手入れ時のご参考にしていただければ幸いです。

プリーツスクリーン通販最大51%OFF

カーテン

●オーダーカーテン
それぞれの窓に合わせて生地の状態から縫製して製作するカーテンです。 様々な柄、スタイルがあり、好みやサイズに応じて作ることができます。 最近の住宅にはいろいろなサイズの窓があるため、統一感を持たせたコーディネートに 最適といえるでしょう。

●既製カーテン
既に出来上がった状態で店頭販売されているカーテンです。 スーパーやホームセンターなどで袋に入った状態でよく目にします。
サイズが合えば比較的お手頃な価格で入手できるのがメリットといえるでしょう。 サイズ加工のイージーオーダーカーテンなどもあります。

オーダーカーテンと既製カーテンの違い
一般的に既製カーテンは約1.5倍巾使い(1m幅のカーテンを1.5m分の生地で作る)であるのに対し、 オーダーカーテンは約2倍巾使いで作ります。生地を多く使用している分ヒダが深くなり 生地に表情が生まれ、高級感がでます。様々なサイズ、スタイルで作ることができるので、 統一感を持たせたコーディネートが可能です。

●オーダーカーテンの種類
ドレープカーテン:厚手の生地に糸を織ることで色柄を出すカーテン。最近では厚手の カーテンの総称として使われています。
遮光カーテン  :黒い糸を織り込んだり、裏に樹脂を貼り付けることにより 光を遮る機能を持たせたカーテンです。
プリント柄    :薄手の生地に柄をプリントしたカーテン。彩りが華やかな花柄や モダンな柄など、様々なものがあります。
レース      :おもに昼間の目隠しとして使用します。最近ではミラーレースや ウェーブロンなど、目隠しの機能を高めたものもあります。
プリーツ加工  :ヒダがきれいにでるように、形状記憶などの加工を施したもの。 メーカーによって手法や呼び方はそれぞれですが、永久的なものでは ないようです。(洗濯5回程度)
スタイルカーテン:シェード、出窓用のスカラップ、センタークロスなど、窓をより おしゃれに演出するために、様々なスタイルがあります。

■カーテンのお手入れ
カーテンの汚れのおもな原因はホコリの付着です。普段からハタキなどで掃ったり、 掃除機のアタッチメントなどを使用して、軽く吸い取るなどしてホコリを落とすよう にしましょう。 ホコリが付着したまま放置しておきますと、紫外線の影響などで生地の痛みを早める原因となります。 カーテンの洗濯は、添付されている洗濯ラベルの表示に従ってください。 洗濯は、年に1~2回が目安です。

カーペット

●カーペット(絨毯)
毛氈や、毛織物、布による敷物の総称です。一般に一反巻をカーペット、一枚ものをラグ、 あるいは緞通といいます。 ペルシア絨毯や中国緞通などの手織絨毯や、一般家庭で多く使われるタフテッドカーペットなど、 素材の違いや製法の違いなどで様々な種類のものが存在します。

■カーペットの効果
カーペットを敷くことで、遮音性や保温性が高まります。特にマンションなどの集合住宅などでは、 物を落としたときに発生する衝撃音や、子供の走り回る音などを和らげる効果が期待できます。 また、カーペットは舞い降りた空気中のホコリをからめ捕り、再び飛び散るのを防いでくれます。

■カーペットの素材
カーペットには様々な素材(繊維)が使われており、その繊維の特長により風合や機能が違ってきます。

●ウール
カーペットに最適な素材として、はるか昔から使用され、今もなお最高の素材として 使われ続けています。

■ウールカーペットの特長
*ウールに含まれるアミノ酸のひとつが、シックハウス症候群の原因の一つと いわれるホルムアルデヒドと結合し、吸着します。
*繊維の表面がエピキューティクルという薄い膜に覆われており、これが水をはじくために、汚れが付きにくく、シミがついても落ちやすくなります。
*吸湿、発散性に優れており、湿気を吸い取っても表面はさらっとした気持ちのいい手触りが 持続します。
*繊維の中に多くの窒素や水分を含んでいるためタバコの火を近づけても 燃え広がりません。(燃えないわけではありません)
*どんな染料でもムラなく染まり、また、繊維の内側までしっかり染まるので、 色落ちせずに深みのある光沢を保つことができます。
*ウールには毛足にクリンプというちぢれがあり、それがねじれているため強力な 弾力性が生まれ、復元力となります。そのため家具などの押し跡が残りにくいのです。
*繊維と繊維が複雑に絡み合って空気の層をつくるため、雑音や騒音をある程度吸収します。 階下への足音が気になるマンションなどにおすすめです。

●シルク
天然繊維の中でもっとも細く、独特の光沢、しなやかな肌触りなどの特長を持って います。また、保湿性通気性など機能面でも優れています。

●ポリエステル
摩擦に強く、シワになりにくく、形態安定性に優れています。日光や薬品にも強く、 カビや虫にも強く、また、吸湿性が少ないため乾きが早いなどの特長をもっています。 合成繊維の中では最も熱に強いといわれています

●ナイロン
他の繊維に比べて屈曲弾性、摩擦強度が格段に優れており、耐久力があります。 その特性から、歩行量の多い廊下、階段、ホールなど、業務用途を中心に幅広く 用いられています

●アクリル
ウールに似た性質を持ち、弾性や保湿性もあり、染色性にも優れています。また、吸水性が少ないので汚れが付着しにくく、薬品に強く、カビや虫害も受けないという特長をもっています。

●ポリプロピレン
強度に優れ、繊維の中でもっとも軽いのが特長です。また、酸・アルカリなど化学薬品に強く、カビなどにも抵抗力があります。吸湿性がないため濡れても乾きやすい性質があります。

●PTT繊維コルテラ
ポリエステルの一種で新素材の繊維です。他の繊維に比べて優れた防汚性が備わっているので、 薬剤などを使わずにカーペットをきれいに、清潔に保てます。 とくに水溶性の汚れに威力を発揮します。

●ポリ乳酸繊維
とうもろこしを原料とした合成繊維です。従来の合成繊維と比べてエネルギー資源の節約になるほか、 CO2の発生量を抑える、自然にやさしい繊維です。

■カーペットの手入れ
週に1~2回ほど掃除機をかけましょう。まず毛並みの方向*(パイルが寝ている方向)に掃除機をゆっくりかけ、そして逆方向に二度かけするのが理想です。時間がない場合は毛並みと逆方向に1回かけます。 1㎡で一分間の目安で、強く押さえずにゆっくりかけましょう。からみついて取れなかったゴミやホコリは、 粘着ローラーなどで取り除きましょう。
*一般的に、手でなでてみてカーペットの色が薄くなる方が毛並みの方向です。 カーペットの色が濃くなる方向(毛並みの逆)に毛を逆立てるようにすると ホコリが取れやすくなります。
カーペットが薄汚れていると感じたら、掃除機をかけた後に水を絞った雑巾で毛並みの逆方向にふきます。 こうすることでパイルの奥にある汚れをふきとります。円を描くようにふくのは厳禁です。汚れが散乱してしまいます。 汚れがひどい場合は、中性洗剤を雑巾につけてふきとってください。その後必ず水ふきをして洗剤分を残さないようにしましょう。
*シミ等やむをえない時以外は、なるべくシミ取り剤、洗剤などは使用しない方が良いようです。 その時はきれいになっても、将来その箇所に汚れが付きやすくなることあるようです。
*洗剤を使用する場合は、事前に必ず隅の方で色落ちや縮みが起きないかを確かめてください。
*取扱いがデリケートなカーペット、特に高価なシルクやウールの手織絨毯などは、必ず専門家に 相談してください。

ブラインド

●ブラインド
スラット(羽根)の角度を調節することにより、室内に入る光のコントロールや、外からの視線をカット することができます。 製品本体が比較的コンパクトなので小窓などに適しています。
スラット(羽根)の幅には、おもに25mm幅と、15mm幅のものがあります。 最近では、酸化チタンコートやフッ素コートなど、スラットに特殊なコーティングを施すことにより、 汚れを落としやすくしたタイプもあります。 また、スラットに天然木を使用した高級感あふれる木製ブラインドなどもあります。

●ブラインドの種類
セパレートタイプ: 一台のブラインドのスラットが左右二枚に分かれているタイプです。 掃き出し窓などの出入りする窓に適しています。
浴室タイプ    :水まわりに強いタイプです。 タイルの壁などに、ネジを使わずに取り付けられるテンションタイプもあります。
出窓タイプ    : 出窓の形に応じて、2連タイプ、3連タイプなどがあります。
傾斜窓タイプ・天窓タイプ: 傾斜のある窓に取り付けられるタイプです。
変形窓タイプ   : 三角形、台形、円形、半円形、アーチ形など特殊な変形窓に対応するタイプです。

■お手入れ
ブラインドはその形状から、どうしてもホコリがたまってしまいます。長い間放置しておきますと 汚れがこびり付き、落ちにくくなってしまいますので、まめにブラシなどでホコリを掃うように するとよいでしょう。

●ロールスクリーン
シリンダーで生地を巻きあげる形で昇降させるスクリーンです。ブラインドとともにポピュラーな ウィンドウトリートメントのひとつです。シースルー生地から遮光生地、無地のタイプやプリント柄など さまざまな生地があります。 生地を上へ巻きあげるので、窓周りがすっきりします。 シースルー生地と不透明の生地のシリンダーが上下に一体になったダブルタイプなどもあります。

●プリーツスクリーン
蛇腹状の生地を昇降させるタイプのスクリーンです。生地によっては、和室にも、洋室にも使用できます。 不透明の生地と、シースルー生地があり、それぞれのシングルのタイプと、2枚の生地が上下に一体になった ツインタイプなどがあります。

 


インテリアきらめきTOP     1つ戻る